キャンパスレポート

キャンパスレポート

都市経営学部3年生がひろしまヤングベンチャー賞を受賞しました。

20180111

 12月12日(火)、公益財団法人ひろしまベンチャー育成基金が主催する「第24回ひろしまベンチャー助成金贈呈式」が行われ、本学の西村和花子さんが「ひろしまヤングベンチャー賞(商業・生活文化分野)」金賞を、岡崎真衣さん(ともに都市経営学部3年生)が「ひろしまヤングベンチャー賞(地域コミュニティ・その他分野)」銀賞を、それぞれ受賞しました。

 本学の学生の受賞は3年連続、金賞受賞は今回が初めてです!




 西村さんの受賞プランは「むらのカフェ 地元に密着した移動カフェ」です。西村さんの地元である高知県大豊町で、地元の人の交流の場でありつつ、町外から来る人に地域の魅力を発信できるようなカフェを、キッチンカーを利用して平日は地元企業やスーパー周辺、休日は道の駅や観光地周辺で開くというものです。
 高齢化と過疎化が進み、周辺の町と比べても飲食店が極端に少ない大豊町だからこそ、地元の人にも観光客にも楽しんでもらえる場所を作りたいという思いをいっぱいに詰めたプランは、丁寧な市場分析やニーズ調査に基づいて綿密に練られていた点を高く評価していただきました。

 岡崎さんは小学生を対象とした「気軽に実験体験プラン(教科書の流れに沿った理科実験プランの開発と提供)」で受賞しました。成績に直結するよう教科書の復習に的を絞った理科実験を、塾の場所を借りて提供するというプランは、自身の塾講師のアルバイト経験を通じて塾経営者・保護者・児童のニーズを的確に拾い上げた点が評価されました。

 二人は「自分たちのビジネスプランを評価していただき、とても嬉しいです。ニーズ調査のアンケート対象者数が十分だったのかとか、もっとオリジナリティーが必要なのではないかといったご意見を審査員の方たちからいただいたことや、授賞式で大賞を受賞したチームのプレゼンを聞けたことも、とてもいい勉強になりました。」と話していました。  

 公益財団法人 ひろしまベンチャー育成基金のHPはこちら 
 http://www.hiro-venture.or.jp/topics/news171206.html