キャンパスレポート

キャンパスレポート

中国大学バレーボールリーグ戦(秋季)にて,女子バレーボール部ベスト8進出,男子バレーボール部決勝トーナメント進出!

20181009 20181009 20181009 20181009


<女子バレーボール部,中国大学バレーボールリーグ戦チャレンジリーグ(秋季)にて,ベスト8進出の大活躍!>
 2018年度第88回中国大学バレーボールリーグ戦(秋季)チャレンジリーグが,10月6・7日(男子,於:広島経済大学),10月7・8日(女子,於:島根県立大学松江キャンパス)に行われました。
 春季大会ベスト8進出の本学女子バレー部は,秋季大会では各大学からのマークがきつくなる中,少数精鋭の部員たちでさらに上位を目指して臨みました。
 7日の予選グループ戦では,県立広島大学庄原キャンパスに2-0で快勝,危なげない試合運びで翌日の決勝トーナメントにコマを進めました。決勝トーナメント第1戦は就実大学に2-0のストレート勝ちで,ベスト8に進出。
 初のベスト4進出をかけて準々決勝となる第2戦は第1シードの山陽学園大学と対戦,0-2で惜しくも敗れましたが,第1シード校を本気にさせる戦いを繰り広げました。
 本学女子バレー部は,プレーもさることながら気持ちの良い審判態度にも定評があり,スムーズな大会運営にも貢献しているといえます。

 <男子バレーボール部も決勝トーナメント進出>
 春季大会は予選リーグ敗退の悔しさを味わった男子バレー部,秋季大会にかける意気込みは並々ならぬものがありました。
 6日の予選グループ戦,第1戦は対広島経済大学で,強豪相手に0-2と敗れましたが,ここから奮起し第2戦の鳥取大学医学部戦は2-0のストレート勝ちで,1年ぶりの決勝トーナメント進出を決めました。
 翌日の決勝トーナメント第1戦は,普段からも練習試合をよく行う福山大学と対戦。お互いに手の内を熟知しているだけに,手に汗握るシーソーゲームとなり,よく粘りましたが,セットカウント1-2で紙一重の惜敗という結果となりました。
 他大学との対外試合から多くのことを学び,バレーボールを通じた大学間の交流も広がっています。また,会場には保護者の方々も応援に駆けつけてくださいました。心よりお礼申し上げます。
 秋季大会後に新チーム体制となりますが,男女バレー部一同,来年度春季リーグでのさらなる上位進出を目指して頑張っていますので,応援のほどよろしくお願いいたします。