キャンパスレポート

キャンパスレポート

12月5日(水) FDシンポジウムが開催されました。

シンポジウム シンポジウム

 福山市立大学では,教員の教授能力等の向上をめざしてFD研修の機会を設けています。開学以来一貫して「大学教育とは何か」をさまざまな視点から問い,その根本的な定義から本学の現状をふまえた上での教育上の課題にいたるまで、多くの議論が重ねられてきました。
 今回の研修では「大学生の学習意欲と教育上の課題」をテーマとして,4名の教員から話題提供がされました。本学学生の学びに対する姿勢,語学教育における現状と課題,アクティブ・ラーニングの実践例が紹介され,学生の学習意欲を喚起するための技術について,心理学からの専門的知見が示されました。その後,フロアからの質問やコメントに応答する形で意見交換が行われ,学びを動機づけるための方法の多様性や語学教育の可能性について活発に討議され,FD活動の重要性を改めて認識する機会となりました。また,FD活動をさらに充実させるための具体策などについても情報交換がされ,今後の発展的活動に対する示唆を得ることもできました。

【注】FD(ファカルティー・デベロップメント)とは,大学教員が教授能力等の向上を目指して取り組む組織的な研修活動のことです。