キャンパスレポート

キャンパスレポート

「ユネスコ・ハッピースクール・ワークショップ」が開催されました。

ワークショップの写真

 4月20日と21日の2日間、本学において、ユネスコ(国連教育科学文化機関)・バンコク事務所と公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)(東京)の共催で、標記のワークショップが開かれ、都市経営学部の上別府隆男教授が参加しました。このワークショップは、SDGs(持続可能な開発目標、2015-2030)の目標4(教育)の実現に貢献することを目標にしたユネスコの「ハッピースクール・プロジェクト」の一環です。ユネスコは、このプロジェクトの下、学校・教職員・生徒が、自身、他者、地域社会の幸福や福祉を促すために必要なスキルや態度を獲得するためのガイドとフレームワークを作成していますが、今回のワークショップでは、東京、名古屋、大阪、広島の小中高5校の校長・教員の参加を得て、日本の学校でガイドとフレームワークがどの程度有用であるかについて検討しました。次はタイとラオスで同様のワークショップが開催予定です。
 本学は福山市の小中高のユネスコスクール加盟支援をしていますが、ユネスコスクールもSDGsやESD(持続可能な開発のための教育)を推進する役割を負っており、「ハッピースクール」という概念やフレームワークは市内のユネスコスクールにとって大きな参考となるものと思われます。