キャンパスレポート

キャンパスレポート

6月17日(月) NHKチーフディレクター・石原謙一郎氏にご講演をいただきました。

公演の写真 公演の写真

 都市経営学部1年生対象の必修科目「大学入門ゼミI」では、社会の第一線で活躍する様々な業界関係者の方をお招きし、ご講演いただく機会を設けています。
 今回は、石原謙一郎氏(NHK制作局第5制作ユニット・チーフディレクター)にご講演いただきました。石原氏は「ブラタモリ」、「新クイズ日本人の質問」、「爆笑オンエアバトル」、「鶴瓶の家族に乾杯」、「NHK歌謡コンサート」(現うたコン)などのNHKの数多くのテレビ番組の制作に長年携わってこられ、番組制作者として第一線でご活躍されています。
 講演では、ご自身の学生時代やNHKに入社されるまでのエピソード、ご自身の経験を踏まえた仕事をする上での心構え、NHKの人気番組「ブラタモリ」の制作現場のお話に至るまで幅広いテーマでお話しいただきました。
 特に、「ブラタモリ」の制作現場のお話は、普段よく見るテレビ番組の知ることができないような裏話も多く、非常に興味深いものでした。「ブラタモリ」の面白さの1つに「知らないこと」を「知りたいこと」につなげることにあるそうです。それを実現するために、ロケ地での取材は足で稼ぎ、専門家の裏付けを取りつつ取材を進める。その結果、地元の人や専門家でも知らないような新たな発見をすることもあり、番組がきっかけで専門家がさらに興味を抱き、さらに調査を深めることもあるそうです。
 このようなお話を通して、学生が何か関心のあることを見つけて、それに対して深く掘り下げていく上での有益なヒントになったのではないかと感じています。
 講演者である石原謙一郎氏をはじめNHKの関係者の皆様には、本学の教育にご協力いただいたことに対し、改めて感謝の意を申し上げます。