キャンパスレポート

ここでは,福山市立大学内の四季折々のイベントやキャンパス内の様子などを,随時ご紹介していきます。

キャンパスレポート

市大連携事業として福山市の外国人労働者の調査を行っています。

20180112 20180112 20180112

 都市経営学部 上別府ゼミでは、福山市と福山市立大学の連携事業(市大連携事業)の一環として、市内にある企業で働く外国人労働者の調査を今年度進めています。
 ものづくりの盛んな福山市では様々な形態で外国人の雇用がなされてきましたが、少子高齢化や就労構造の変化による人手不足が鮮明になる中、市として本格的な実態調査はまだされていなかったため、今回実施することになったものです。
 調査は2段階で行い、まず第1段階として、4月~5月、市内の企業331社にアンケート調査を行い、133社から回答をいただきました。第2段階としては、インタビューが可能と答えていただいた企業に対し、7月から12月にかけ、3年のゼミ生が2人1組となり、1人当たり3回インタビューを行いました。インタビューには市役所の方も同行していただき、多大なサポートをいただきました。

 最終報告書は年度末までに完成を予定していますが、ひとまず主な課題が3点浮かび上がってきました。まず、業種や企業によりニーズや対応は様々ですが、特に製造業で少子化や日本人が集めにくいことにより人手不足が深刻であること、次に、外国人労働者の雇用が主に短期であるため、長期的な人材育成計画が作りにくいこと、第3に、外国人労働者の採用面や生活面における各種関係機関との連携・支援への期待が高いことです。
 インタビューには、ゼミで文献と練習でインタビュー手法を学び、いい質問、避けるべき質問、取るべき態度などを頭に入れて臨みました。しかし、最初のうちは、ゼミ生も緊張して沈黙したり、うまく話が続かず、相手の方から助け舟を出していただく場面などがありましたが、回を重ねるごとに自信を深め、うまくなったようです。この経験で得られたスキルは、これからの就活や卒論作成にも大いに役立つことを願っています。
 最後になりますが、アンケートやインタビューに快くご協力いただきました地元の企業の皆様に心より厚く御礼申し上げます。

都市経営学部3年生がひろしまヤングベンチャー賞を受賞しました。

20180111

 12月12日(火)、公益財団法人ひろしまベンチャー育成基金が主催する「第24回ひろしまベンチャー助成金贈呈式」が行われ、本学の西村和花子さんが「ひろしまヤングベンチャー賞(商業・生活文化分野)」金賞を、岡崎真衣さん(ともに都市経営学部3年生)が「ひろしまヤングベンチャー賞(地域コミュニティ・その他分野)」銀賞を、それぞれ受賞しました。

 本学の学生の受賞は3年連続、金賞受賞は今回が初めてです!




 西村さんの受賞プランは「むらのカフェ 地元に密着した移動カフェ」です。西村さんの地元である高知県大豊町で、地元の人の交流の場でありつつ、町外から来る人に地域の魅力を発信できるようなカフェを、キッチンカーを利用して平日は地元企業やスーパー周辺、休日は道の駅や観光地周辺で開くというものです。
 高齢化と過疎化が進み、周辺の町と比べても飲食店が極端に少ない大豊町だからこそ、地元の人にも観光客にも楽しんでもらえる場所を作りたいという思いをいっぱいに詰めたプランは、丁寧な市場分析やニーズ調査に基づいて綿密に練られていた点を高く評価していただきました。

 岡崎さんは小学生を対象とした「気軽に実験体験プラン(教科書の流れに沿った理科実験プランの開発と提供)」で受賞しました。成績に直結するよう教科書の復習に的を絞った理科実験を、塾の場所を借りて提供するというプランは、自身の塾講師のアルバイト経験を通じて塾経営者・保護者・児童のニーズを的確に拾い上げた点が評価されました。

 二人は「自分たちのビジネスプランを評価していただき、とても嬉しいです。ニーズ調査のアンケート対象者数が十分だったのかとか、もっとオリジナリティーが必要なのではないかといったご意見を審査員の方たちからいただいたことや、授賞式で大賞を受賞したチームのプレゼンを聞けたことも、とてもいい勉強になりました。」と話していました。  

 公益財団法人 ひろしまベンチャー育成基金のHPはこちら 
 http://www.hiro-venture.or.jp/topics/news171206.html 

タイ研修に行ってきました。

20171210 20171210

 2017年12月10日(日)から17日(日)の日程で,平成29年度備後圏域連携グローバル人材育成事業による海外研修としてタイ(バンコク・パタヤ)を訪問しました。参加者は備後圏域の4大学(福山市立大学,福山大学,福山平成大学,尾道市立大学)の学生13名,引率教員4名からなり,本学から1名の学生と都市経営学部 清原准教授が参加しました。
 学生は事前の講義(都市経営学特講)において,備後圏の企業の概要とその海外展開について学び,これをベースとして現地では活発に質問を発していました。実際に海外に展開する事業所や工場でレクチャーを受け,工場の生産ラインを見学したことで,海外で事業展開することの現実的課題や意義について深く理解できました。また,自動車の完成形に近いトランスミッション,エンジンの工場からその部品,外枠,さらにそれら部品の工作機械の製造工場へと,プロダクトチェーンを遡る形での研修ルートとなっていたことは,産業の構造と連関を理解するという意味でも有意義な研修となりました。
 本研修の実現に当たっては,福山市,福山大学をはじめ多くの皆様から多大なご支援をいただきました。参加学生ともども,ここに深く御礼を申し上げます。

本学教員が南京師範大学の客員教授として招へいされました。

2017122602

 このたび,本学教育学部 劉郷英 教授が,南京師範大学の客員教授として招へいされました。
 南京師範大学は,中国における教師養成学校の原点ともいわれる教育系の大学で,その歴史は100年以上あり,「東洋で最も美しいキャンパス」と称えられています。
 幼児教育の研究機関として,中国でもトップレベルの南京師範大学への客員教授就任は,今後,本学との高いレベルでの教育・研究上の交流が期待できます。
(写真,向かって右側が劉 郷英 教授)

中四国ビジネスプランコンテストで優秀賞を受賞しました。

2017122601

 11月18日(土)、岡山県新見市で行われた、第6回中四国ビジネスプランコンテスト(主催:新見市、岡山大学ベンチャー研究会)で都市経営学部3年生のチームが優秀賞に輝きました。

 本学都市経営学部玉井ゼミから2チームと、岡山大学、就実大学、京都産業大学、松山大学から1チームずつの6チームがコンテストに参加しました。新見市から頂いた今回のビジネスプランの課題は「地域資源を活かして地域総生産を10%向上させる」というもの。9月と11月には実際に新見市に視察に行き、鍾乳洞や石灰、チョウザメ、スキー、温泉など新見市の資源を調査してコンテストに臨みました。

 新見市の主産業である石灰(英語でlime)に注目したチームは、石灰を使って壁や階段に絵を描く『ライムアート』をまちの中のあちこちに置いて『インスタ映え』のする『ライムタウン』として観光客を呼び込むプランを提案し、見事、優秀賞をいただくことができました。審査員からは「石灰と芸術を組み合わせる発想は新感覚で面白い」、「『ライムタウン』という言葉は非常にキャッチ-で、なおかつ、新見市の産業をまちづくりに結び付ける」、「『インスタ映えする』というキーワードでライムタウンを構成するという発想はインパクトがあった」などのコメントをいただきました。

 都市経営学部ではまちづくりや都市社会が抱える問題などについて学んでいますが、チームのリーダーを務めた野々山徹さんは「課題だった『総生産10%アップ』の経営的な数値まで示せなかったのは残念でしたが、自分たちの感覚を高く評価していただいてとても嬉しいです。インスタに詳しい人や発表の得意な人など、個性的なメンバーのそれぞれの持ち味を生かせたことが結果につながったのだと思います。」と話していました。