キャリアデザインセンター

センター長からのメッセージ

(2016年4月1日掲載)

全学体制によるキャリア支援

 
キャリアデザインセンター長センター長 渡邉 一成
(都市経営学部教授)

 大学生は,学生時代に2つのミッション(任務)への対応が求められていると 思います。1つは「卒業研究論文を書く」こと。これは,学業の集大成として論文をとり まとめることです。そして,もう1つが「進路を決める」こと。これは,キャリ アデザイン(人生設計)の集大成として自分の進むべき道を定めることです。「卒業研究論文」は必修科目なので単位を取得しないと卒業できませんが, 「進路決定」は必修科目ではありませんので,進路を決めなくても卒業できてし まいます。言い換えれば,キャリアデザインは学生自身の自主性・主体性に委ね られているのです。キャリアデザインセンターは,入学時における新入生の進路希望登録をはじめ, 就職相談員や外部講師による就職ガイダンス,キャリア教育,業界研究セミナー などを通じ,キャリアデザイン関係授業やオフィスアワーなど教員によるサポー トとも連携を取りながら,全学の協力のもと,学生の皆さんの自主的・主体的な キャリアデザインを様々な面から支援しています。 以上、よろしくお願いいたします。