総合案内

校章について

校章の由来

 校章
福山市立大学の校章は,2010年にGKデザイングループの栄久庵憲司氏により,つぎの意図によって作成されました。

-知は明日を開く-

福山は瀬戸内海や山陽道を通じて様々な「知の交流」が行われてきた。この校章は,そこに脈々と繋がる「知の歴史性」,福山市立大学の使命である「知の伝達,知の創造,知の発信」を「知」という漢字を用いて象徴したものである。私たちの「知」の進展は,人間の進化を意味する。