福山市立大学
本文へ移動

学部・大学院

Undergraduate and Graduate school

教員紹介

正保 正惠

21世紀は人権と環境の世紀といわれています。

家族や地域を大切にしながら,地球規模で考究するのに,自然に恵まれた中核市福山は良い学習環境です。個人のセルフエスティーム,家族のアサーション,安全で豊かな食生活,気持ちの良い衣生活,安心な住生活,大切な地球環境との調和を中心に,従来の女子向き家庭科や家政学のイメージを覆し,男女が心豊かに地域に根ざした生活をしていくための研究や講義をしていきたいと思います。

名前 正保 正惠(しょうほ まさえ) 担当授業
  • 家族とジェンダー
  • 初等家庭
  • 家庭科指導法
  • 家庭科教育・生活保育特論
職位 教育学部 児童教育学科 教授
学位 博士(学術)
専門分野 家庭科教育学,家政学

担当授業

家族とジェンダー

 かつて,地域共同体と一体となって生産と消費の生活全般を担っていた家族は,近代化の過程の中でその機能を外部化させていった。近代化のなかで一方では専業主婦化がおこり,一方では保育士,栄養士,看護師などの「ピンクカラー」といわれる女性職が登場する。さらに,ポストモダンのなかでは,女性のさらなる労働力化,「ピンクカラー」の脱ジェンダー化(男性加入),ワーク・ライフ・バランス視点に立つ男女の労働観,生活観の変容,その中で起こっているセクハラ問題,DV問題など,社会的・歴史的視点で複数のパラダイムとして家族とジェンダーを概説する。そのうえで,現在を生きる我々にとって職業人・生活者とは何か,子どもを産み育てるとはどういうことか,講義と参加型学習を通して考える。

初等家庭

 小学校の家庭科指導に当たって,家庭科で教えるべき内容について理解し,そのうえで教材開発を行う。先行授業分析を行うとともに適切な指導方法のもとに内容を生かす実践能力を身につける。具体的内容としては,家族など身近な人間関係におけるコミュニケーション,食育を踏まえた家事技術,衣や住などの環境に配慮した製作などである。指導要領を踏まえながら家庭科の目ざすものと,広さ奥深さの自覚の中で先行授業分析を行う。その後,それぞれの内容について効果的に教えるための指導方法と授業効果を学び,具体的な内容についての教材開発と実践を行う。

家庭科指導法

 家庭科という教科は,大きな社会変動の中で様々な変更を迫られてきた教科であるが,21世紀の共生の時代において,環境と人権を意識した内容と方法を実践を通して学び,家庭科の授業を構成していく力を養う。家庭科はどのような教科なのか,歴史と現在,教育目的と内容について概説し,授業の流れを構成する方法,評価等を学んだ後,指導案を書き,模擬授業を行い,相互評価をする。具体的には,現代社会において必要とされる生活に関わる理論と実践のテーマは,家族など身近な人間関係におけるコミュニケーション能力と家庭生活を大切にする心情,生活に関する科学的な知識と食育を踏まえた簡単な家事能力,衣や住などの身近な問題から地球環境への配慮などに集約される。

家庭科教育・生活保育特論

 家庭科教育は,21世紀に入って大きく進化した。国際化や環境破壊など,地球規模で大きな転換期にある現在,個人や家族の心と身体と地球にやさしい暮らしとは何だろうか。家庭科教育の4つの柱である,家庭生活と家族,日常の食事と調理の基礎,快適な衣服と住まい,身近な消費生活と環境からそれぞれ大学生にも身近なテーマを選び,21世紀に求められている個人や家族の心と身体と地球を大切にする暮らしかたについて概説するとともに,家庭科の特色である参加型学習により実践も行う。


※以下の項目は「研究者情報管理システム」よりご覧いただけます。

  • プロフィール
  • 研究テーマ
  • 共同・受託研究希望テーマ
  • 競争的資金等の研究課題
  • 著書
  • 論文
  • 研究発表
  • 受賞
  • 社会貢献活動
  • 所属学協会
  • 委員歴 など

教員紹介

このページのトップへ