福山市立大学
本文へ移動

学部・大学院

Undergraduate and Graduate school

教員紹介

高橋 実

保育者や教員は,発達に特別な困難をかかえた子どもの理解なしには
成り立たなくなっています。

子どもに対する広い視野と強い熱意をもって保育・教育したいと考えている人に是非入学してもらいたいと期待しています。

名前 高橋 実(たかはし みのる) 担当授業
  • 福祉と教育
  • 障害者の福祉と教育
  • 児童福祉論
  • 養護内容
  • 児童福祉特論
  • 保育実習事前事後指導
  • 保育実習Ⅰ(施設)
  • 保育実習Ⅲ
職位 教育学部 児童教育学科 教授
学位 教育学修士
専門分野 児童福祉,子ども家庭福祉,特別支援教育,福祉と教育の連携

担当授業

福祉と教育

 本講議では,未来を担う子どもの生活をまるごと捉え,地域にある様々な社会資源を活用して,子どもや家族の生活基盤を支えつつ教育に携わることのできる教師像を目ざして教育と福祉の連携の意義と必要性を理解することを目標とする。
 まず,子どもの誕生について,家族の機能,保健・医療・福祉の観点から考え,現代家族の成り立ちとその特徴,それを支援する子ども家庭福祉の概要について理解し,最後に,移行期の子どもの支援,特別支援教育を要する子ども,虐待や不登校の子ども,子どもの健全育成等における教育と福祉の連携について具体的な事例を通して学び,地域の中で総合的に子どもを豊かに育てる観点について考察する。

障害者の福祉と教育

 障害児の支援は,まず障害の早期発見と早期対策の課題から始まり,療育の開始,就学指導,学校教育,卒業後の就労・生活支援と繋がっていく。本授業では,障害児者の生涯発達を見通し,そのライフステージごとの支援の現状と課題を理解するとともに,教育と福祉の連携の在り方について考察する。そして,家族も含めた教育,福祉,医療,保健の関係者とも連携した個別支援計画を立てていく力の基本的事項を身につけることを目標とする。

児童福祉論

 まず,現代社会の子どもと家庭の現状を理解する。そして,子どもの権利擁護の歴史と児童の権利条約の内容を理解して子どもの最善の利益の保障の意義と責務について考察する。そして子ども家庭福祉の法律,実施体制,サービスの概要を理解する。さらに,健全育成,子育て支援,養護問題,ひとり親家庭問題,障害児支援,非行の問題,母子保健の問題などの個別の問題について考察し,これからの子ども家庭福祉の課題を展望する。

養護内容

 まず,子どもを社会的に養育していく上で保育者に必要な養護方法,養護技術の具体的内容を学習することにより,児童の生活や援助者の援助を理解する。
 次に,実践記録を読んだり,ディスカッションの演習を通して,児童の心身の成長や発達を保障し,援助するために必要な知識や技能を習得する。そして児童の権利を保障し,問題を解決できる児童観や社会的養護観を養う。

児童福祉特論

 発達に困難をかかえた子どもの生涯発達を見通して,地域のなかで保育・教育・福祉・医療が連携して,子どもやその家族を支えていくという視点を学ぶ。そして子どものライフステージに応じて生じる共通の困難や課題を知り,子どもの権利擁護と生涯にわたる発達保障の立場に立った総合的で長期的な支援の在り方について,具体的な事例を通して学び,個別支援のあり方について考察する。

保育実習事前事後指導

 本授業は,保育実習I(保育所)・保育実習I(施設)・保育実習II・保育実習IIIに関わる指導により構成されている。事前指導においては,保育所及び施設での実習の目的や意義および実施方法を具体的に学ぶとともに,望ましい実習の準備や態度を系統的に養う。そして,主体的・効果的に実習を行うための基本知識の習得と心構えの養成,及び課題を明確にする。事後指導においては,実習後,実習中に出会った諸問題について発表・討議することによって,今後の保育の場での実践への理解を深めるとともに,実習における実習体験を省察することを通して,保育士としての実践的知識を明確にする。

保育実習Ⅰ(施設)

 居住型の児童福祉施設の社会的役割,職務内容,児童とのかかわり方,集団,個別の指導方法,職員同士の連携,協同のあり方等について,実地の体験を通して理解する。そして児童の生活支援に関する知識と技能を身につけ,社会的養護に携わる保育士としての自覚や態度を育成する。
 そして職員間の役割分担とチームワークについて理解させるとともに,記録や保護者とのコミュニケーションなどを通して家庭・地域社会を理解させ,子どもの最善の利益や保育士としての職業倫理を理解する。

保育実習Ⅲ

 保育所以外の児童福祉施設や社会福祉施設の養護を実際に実践し,保育士として必要な資質・能力・技術を習得する。そして家庭と地域の生活実態にふれて,子ども家庭福祉ニーズに対する理解力,判断力を養うとともに,子育てを支援するための能力を養う。そして保育実習I(施設)での実習をより発展させて,養護技術を習得するとともに,子どもの個人差や障害についても理解し,子どもの特性にあった援助計画を立て,実践してみる。
 また,子どもの家族とのコミュニケーションの方法や地域社会との連携の仕方などについても学ぶ。そのことを通して児童福祉施設等の保育士に求められる資質・能力・技術に照らし合わせて自己の課題を明確化する。


※以下の項目は「研究者情報管理システム」よりご覧いただけます。

  • プロフィール
  • 研究テーマ
  • 共同・受託研究希望テーマ
  • 競争的資金等の研究課題
  • 著書
  • 論文
  • 研究発表
  • 受賞
  • 社会貢献活動
  • 所属学協会
  • 委員歴 など

教員紹介

このページのトップへ