福山市立大学
本文へ移動

学部・大学院

Undergraduate and Graduate school

3つのポリシー

大学院 カリキュラムポリシー

教育学研究科(修士課程)

 教育学研究科児童教育学専攻では,子どもたちが育ち学ぶ保育・教育の状況を調査・分析し,問題点を整理し,課題の解決に繋げる探求的能力を養うとともに,教育・保育現場における事例研究やフィールド研究を重視し,研究に裏付けられた教育・保育活動の実践者として力量を高めるため,次の3点を重視しつつ授業と研究指導を進める。

  1. 理論と実践の融合と総合化による自立的な対応力の育成
  2. 高度な理論学習による問題の本質的理解のための能力の育成
  3. 乳幼児期から児童期にわたる連続的な子どもの発達理解と対処能力の育成

 このため教育課程は,基礎科目,基幹科目,応用科目,特別研究の4区分で編成する。このうち,基幹科目は教育学・保育学,心理学,教育実践学及び特別支援教育学の4分野の科目群で編成する。
 基礎科目は,子どもに関与するすべての専門職に従事する者にとって,激動する現代社会の価値観・方向性を反映した児童教育学の必要不可欠な知識及び考え方の基本を理解するための科目群として開設する。
 基幹科目は,教育・保育の本質と実践の基礎となる理念を,教育学・保育学,心理学,教育実践学及び特別支援教育学の4つの分野から深く考究し,それぞれの分野に固有の視点に立って,課題の特質と研究方法について理解を深めるための科目群として開設する。
 応用科目は,各分野における問題について,研究の深化と総合化の両立をめざす科目群として開設する。教育・保育に関する具体的かつ実践的なテーマについて研究を深め,理論と実践の融合と総合化を進めつつ,「実践的な探究力」や「探究的な実践力」を育成することをめざす。
 特別研究は,学生が主体的に問題意識を深化させ,教育学・保育学,心理学,教育実践学及び特別支援教育学の各分野における専門的な学修成果を基に特定の課題を設定し,地域の教育・保育の現状を踏まえた研究に取り組み,教育・保育現場で指導的な役割を担える高い探究力と研究遂行能力の修得をめざす。

都市経営学研究科(修士課程)

 都市経営学研究科都市経営学専攻では,地域の企業,自治体や関連施設,商店街,自治会やまちづくり協議会等の地域コミュニティ,NPO等の市民事業等,様々な地域の実情についての事例研究やフィールド研究を重視し,企画者・実践者として力量を高めるとともに,産業や行政,環境や住民生活等を取り巻く状況を調査・分析し,問題点を整理し,課題の解決に繋げる探究力や実践力を養うため,次の3点を重視しつつ授業及び研究指導を進める。

  1. 地域課題の学際的理解と理論的分析のための探究力の育成
  2. 地方都市を構成するセクター間の連携とネットワーク構築力の育成
  3. 理論的な思考に基づく実践的な問題解決能力の育成

 このため教育課程は,基礎科目,専門科目,事例研究科目,特別研究の4区分で編成する。このうち専門科目は,計画・環境系,経済・社会系の2系列の科目群で編成する。
 基礎科目は,地方都市が抱える複雑・多様な課題に取り組むに当たって,課題の全体像を把握し,関連する学問分野の繋がりを理解し,都市経営学研究の枠組みと広がりを把握するための基礎となる視点を養う科目として開設する。
 専門科目は,地方都市が抱える複雑・多様な課題を,都市の計画や都市の環境,地域経済や住民自治,多文化共生等の視点から,その本質を理論的側面から掘り下げるとともに,実践の基礎となる理念と方法についての理解を深めるための科目群として開設する。
 事例研究科目は,現代の都市問題の6つの中心的テーマを立て,地方都市の課題解決に向けた具体的な国内外の先行事例を調査・分析するとともに,現実の地方都市を想定しながら,課題解決に向けた具体策を企画・提案することによって,セクター間のネットワーク構築を踏まえた地域改革の実際を学び,都市経営の実践面を担える能力を養う科目として開設する。
 特別研究は,学生が主体的に問題意識を深化させ,計画・環境系,経済・社会系の2系列における専門的な学修成果を基に特定の課題を設定し,地域の特性や現状についての分析・評価を踏まえた研究に取り組み,多様な職業現場で指導的な役割を担える高い探究力と研究遂行能力の修得をめざす。

3つのポリシー

このページのトップへ