福山市立大学
本文へ移動

学部・大学院

Undergraduate and Graduate school

教員紹介

大門 創

我が国の都市は、人口減少、少子高齢化、都市財政制約、地球環境問題への対応などの
問題に対応しつつ、
持続可能な都市経営への転換が迫られることになります。

そのような社会情勢の中で、都市計画としてどのようなことに取り組んでいくべきか、柔軟な発想を持って一緒に考えていければと思います。

名前 大門 創(だいもん はじめ) 担当授業
  • 土地利用計画
  • 生活環境論
  • GIS演習Ⅰ・Ⅱ
  • まちづくり計画特講・まちづくり計画実践演習
大学院
  • 都市経営学総論A
  • 都市経営学事例研究A
  • 地域づくり計画特講
職位 都市経営学部 都市経営学科 准教授
学位 博士(工学)
専門分野
  • 地域づくり計画学
  • 都市計画
  • 交通計画

担当授業(学部)

土地利用計画

 都市計画の根幹ともいえる土地利用計画に関わる歴史的発展経緯や計画制度について説明する。また、市場原理に基づく立地のメカニズムについて触れた上で、土地利用の現代的課題や新たな試み等を通じて、今後の土地利用計画のあり方を考える。

生活環境論

 我が国を取り巻く生活環境論に関する基本的な概念について説明する。その上で、近年急速に変化しつつある生活環境(ロジスティクス、自動運転、AI、IoTなど)に関わる現代的な課題や新たな取り組み等を通じて、今後の生活環境のあり方を考える。

GIS演習Ⅰ・Ⅱ

 GISは今や様々な分野で活用され、今後のさらなる発展も見込まれている。本授業では、GISの代表的なソフトウェアであるEsri社のArc GISの基本的操作方法を演習形式で学ぶ。現代社会におけるGISの必要性や可能性、課題・限界を理解するための講義を行ったうえで、GISの基礎的な操作方法と、使用頻度が高い地域分析手法を学ぶ。

まちづくり計画特講・まちづくり計画実践演習

 本演習では,まちづくりの課題解決提案や設定フィールドに関する予備的な講義(演習の進め方、設定フィールドの地域特性等、各種統計データやRESASの活用方法など)を行い,その上で,学生自らが演習テーマを設定し,演習計画を立てる。結果はグループごとにまとめ,プレゼンテーション・ディスカッションを行い,多様なまちづくりの解の存在を理解する。

担当授業(大学院)

都市経営学総論A

 自然や文化と共生しながら美しく質の高い都市環境を模索し,行政と市民が協力しつつ持続的な都市を再構築する新しい都市の在り方・都市づくりの進め方を主なテーマとして,先進的な取り組みにも触れつつ,工学・環境の視点からみた都市経営の動向と可能性を明らかにする。

都市経営学事例研究A

 中小規模の地方都市の中心市街地商店街の多くは,大規模ショッピングセンターやスーパーマーケットの郊外幹線道路沿道立地による商業環境の変化の影響を受け,商店街の衰退傾向が見られる。しかしながら中心市街地商店街は都市の総合的な活動の中心であり,いわば都市の顔であることから,中心市街地商店街の活性化は重要な政策課題である。 本授業では,福山市の中心市街地商店街を対象とし,中心市街地商店街の抱える課題を深掘りし,他都市の実践事例を参考にしつつ,受講生自らが地域と協働で行う活性化のプロジェクトの企画と実施(商業主導のまちづくり,市民活動導入のまちづくり)を通じて,中心市街地商店街活性化の方法論を獲得することを目標とする。

地域づくり計画特講

 地域づくり計画は,地域コミュニティの課題そのものに向き合い,地域資源を発掘して,官民協力で選択と集中による計画を策定し,事業を実施して課題解決に取り組み,かつ自律的な地域運営を持続させるという実践的な取組である。ここでは,中心市街地のまちづくりについて,都市構造の再構築といった都市計画・まちづくり分野の政策的取り組みの歴史的変遷,商・住・働・憩等の各論の実践,担い手やマネジメント,諸外国の事例等を踏まえつつ,批判的・比較的な視点から今後のあり方を展望する。


※以下の項目は「研究者情報管理システム」よりご覧いただけます。

  • プロフィール
  • 研究テーマ
  • 共同・受託研究希望テーマ
  • 競争的資金等の研究課題
  • 著書
  • 論文
  • 研究発表
  • 受賞
  • 社会貢献活動
  • 所属学協会
  • 委員歴 など

教員紹介

このページのトップへ