福山市立大学
本文へ移動

学部・大学院

Undergraduate and Graduate school

教員紹介

堤 行彦

21世紀は『水』の世紀と言われています。

人口増加と水,食料と水など水の重要性が世界中で再認識されています。都市活動にも『水』は不可欠です。『都市と水について一緒に考えてみませんか。』

名前 堤 行彦(つつみ ゆきひこ) 担当授業
  • 都市水環境システム
  • 化学と環境
  • 環境科学実験
職位 都市経営学部 都市経営学科 教授(学部長兼研究科長)
学位 工学博士
専門分野
  • 環境工学
  • 環境学

担当授業

都市水環境システム

 上水道,下水道などの水に関する都市インフラ施設の現状,課題,今後の在り方について,グローバルな視点を含めて幅広く講義を行う。内容は,水循環システムの中での水利用の観点から,上水道,下水道の水処理施設などの概要及び水不足・水質汚染等都市水環境問題の現状と課題,その取り組みなどの講義である。その講義内容を通して,都市水基盤施設の理解を深め社会の中での水の重要性を認識させ水環境に関する幅広い視野を持たせる。

化学と環境

 有機化学や無機化学の基礎,環境関連の化学に関する講義を行う。内容は,有機物,無機物の構造や反応,分析などの一般知識を重点に講義し,環境と関連する水中有機物,水中無機物,そのような化学物質の毒性,環境関連の化学製品や技術など環境と関連する内容も一部含める。この講義で,社会に出た時や今後各専門分野へ進んでいく際に最低限必要な化学の基礎知識を持たせる。

環境科学実験

 持続可能な都市の設計のためには,水と河川の性質や,限りある水資源の有効な利用方法を知る必要がある。この講義では,水や河川に関連する室内実験と野外実習をグループで行い,水の性質,河川の地形や河川水の利用について理解を深める。野外実習の実施にあたっては,学生自らが計画を立案し,グループごとに結果をまとめ,発表と議論を行い,実験結果についての理解を深める。これにより,データの取り方やまとめ方の基礎を学び,科学的方法の基礎を習得する。(※芦田川の実習は,土日を利用して行う。)


※以下の項目は「研究者情報管理システム」よりご覧いただけます。

  • プロフィール
  • 研究テーマ
  • 共同・受託研究希望テーマ
  • 競争的資金等の研究課題
  • 著書
  • 論文
  • 研究発表
  • 受賞
  • 社会貢献活動
  • 所属学協会
  • 委員歴 など

教員紹介

このページのトップへ