キャンパスレポート

キャンパスレポート

保幼小連携実践報告会(ポスターセッション)を開催しました。

保幼小連携実践報告会 保幼小連携実践報告会

 2月15日(金),本学北本庄キャンパスで保幼小連携実践報告会(ポスターセッション)「子どもたちにとって接続期を豊かで確かなものにするために」が開催されました。
 報告会は,就学前の子どもたちがそれまで培ってきた育ちと学びを連続したものとして小学校へつなぎ伸ばすべく,小学校,保育所(園),幼稚園,認定こども園の教職員間の連携の拡大を目的として,福山市と福山市立大学が連携して2012年から取り組んでいるものです。
 今回の報告会には福山市内の小学校,保育所,幼稚園,認定こども園から約200人が参加し,小学校区のグループごとに取り組みが発表されました。アドバイザーとして関わっている本学の大庭三枝准教授より「福山市における保幼小連携の特長」と題して,保幼小連携の経緯や連携に至るまでの成果,今後に向けた思いについてお話いただきました。