教育学部

学科の特徴

学部及び学科の特色

 地域の未来を担う一人ひとりの子どもの成長や学び,発達や障害を総合的に捉え,変化する子育て環境や教育環境に対応できる高い専門性と実践的指導力を有し,家庭や地域と連携して子育て支援ができる教育者・保育者を地域で育成することを目的として,『教育学部 児童教育学科』を設置します。

教育研究分野の概念図

教育研究分野の概念図

教育目標

 教育学部児童教育学科では,幅広い教養と豊かな人間性を備え,地域の未来を担う子どもの乳児期から児童期までの成長・発達を総合的に捉え,一人ひとりの子どもを尊重した指導・支援ができる実践的指導力をもった教育者・保育者を育成します。

コース別の教育目標と教育研究内容

 教育学部児童教育学科には,『教育コース』『保育コース』の2つのコースを設置します。
 教育課程は両コースで共通としますが,教育コースでは,小学校教諭一種免許状に加えて,幼稚園教諭一種免許状又は知的障害者に関する教育の領域,肢体不自由者に関する教育の領域,病弱者に関する教育の領域の3領域に対応した特別支援学校教諭一種免許状の取得が可能となるよう,保育コースでは,保育士資格に加えて幼稚園教諭一種免許状の取得が可能となるよう,それぞれ教育課程を編成します。

コース名取得可能な免許状・資格
教育コース 小学校教諭一種免許状
幼稚園教諭一種免許状
特別支援学校教諭一種免許状
 (知的障害者に関する教育の領域)
 (肢体不自由者に関する教育の領域)
 (病弱者に関する教育の領域)
保育コース 保育士資格
幼稚園教諭一種免許状

 

教育コース

教育目標
 教育コースでは,地域の初等教育の現場を担える高い専門性と実践的指導力を備えた学校教員の育成をめざして,学校教員として基礎・基本となる資質・能力を養います。
(1) 教職の意義,教育の原理・制度・歴史等への深い理解,今日の初等教育の課題についての幅広い理解,教員としての高い使命感や責任感
(2) 児童の成長や発達についての学問的理解,発達段階に応じた適切な指導・助言を行える実践的力量
(3) 教科内容についての幅広い深い理解,指導法についての専門的知識や技能,豊かな学力形成を担える高い授業実践力
(4) 確かな子ども理解,豊かな対人関係能力,適切な生徒指導や学級経営が出来る指導力

 これらの学校教員として基礎・基本となる知識・素養・能力等に加え,次のような知識や素養を養います。
(5) 子どもの成長や発達を連続的に捉えていくために必要な乳幼児保育や幼児教育についての知識や素養
(6) 一人ひとりの児童のニーズに応じた指導・支援に必要な特別支援教育についての知識や素養
(7) 家庭や地域と連携して子育て環境に応じた指導・助言・支援が出来る知識や素養

教育研究分野と内容
 教育コースでは,小学校教諭の養成を主眼としながら,就学後の子どもの教育に対する理解を深めるため,教育学,心理学,特別支援教育学,教育内容研究等を,主な教育研究分野とします。なお,具体的には,(1)教育の原理,(2)教育の歴史,(3)教育の制度,(4)幼児・児童・青年の発達,(5)教育内容及び指導法,(6)特別なニーズのある子どもの教育と支援,(7)児童福祉領域の諸科学(インクルーシヴ教育,家族支援論等),(8)教育実習・実地体験,(9)教育者の成長等を主な教育研究内容とします。

保育コース

教育目標
 保育コースでは,地域の保育の現場を担える専門性と実践的能力を備えた保育者の育成をめざして,保育者として基礎・基本となる資質・能力を養います。
(1) 保育の本質や目的,歴史や制度等についての深い理解,今日の保育の課題についての幅広い理解,保育者としての高い使命感や責任感
(2) 乳幼児の成長や発達についての深い理解,発育段階に応じた適切な保育活動を行える能力や技能
(3) 保育5領域についての深い内容理解,保育方法についての高い専門的知識や技能

 これら保育者として基礎・基本となる知識・素養・能力等に加え,次のような知識や素養を養います。
(4) 子どもの成長や発達を連続的に捉えていくために必要な初等教育についての知識や素養
(5) 障害児保育の視点に立った,一人ひとりの乳幼児のニーズに応じた助言・指導・支援に必要な知識や素養
(6) 家庭や地域と連携して子育て環境に応じた助言・指導・支援が出来る知識や素養

教育研究分野と内容
 保育コースでは,保育士の養成を主眼としながら,乳児期から就学前の子どもの保育に対する理解を深めるため,保育学,発達臨床,児童福祉,保育内容研究等を,主な教育研究分野とします。具体的には,(1)保育の原理,(2)保育の歴史,(3)保育の制度,(4)幼児・児童・青年の発達,(5)保育内容及び指導法,(6)特別なニーズのある子どもの保育と支援,(7)児童福祉領域の諸科学(インクルーシヴ教育,家族支援論等),(8)保育実習・実地体験, (9)保育者の成長等を主な教育研究内容とします。