教育学部

教育実習・保育実習

実習の概要

教育学部児童教育学科では,教員免許状及び保育士資格の取得に必要な実習(小学校教育実習,幼稚園教育実習,特別支援学校教育実習,保育実習)を実習科目として開設しています。

実習の目的,意義

実習は,次の目的をもって行われます。

  • 学校や保育所を含む児童福祉施設の役割や機能について現場で理解すること
  • 大学で学んだ教養や専門知識,指導や支援の方法や技術を,実践の場で活用しつつ実践体験の省察を行うこと
  • 乳幼児・児童の理解,乳幼児・児童との関係づくり,乳幼児・児童への働きかけ等に関する実践力を形成すること
  • 教育者・保育者をめざすための自らの課題を明確にすること
  • 教育者・保育者としての使命感や責任感を養うこと

実習は,教育・保育現場において,実習生という立場で,主体的に実際的に学ぶ体験学習です。
実習では,今までに学内で習得した知識や体験を生かし,乳幼児や児童の理解を深め,教育・保育の技術を高めるとともに,教育者・保育者の使命や心構えそして付随したあらゆる業務を学習していきます。
また,実践体験を省察しつつ,具体的な事実に基づいて概念的知識(理論)を深めるよい機会にもなります。

福山市立大学の実習の特色

充実した実習校・園・所・施設

『市立大学』という利点を十分に生かし,福山市内の小学校・幼稚園・保育所を実習施設として確保しています。(出身校での実習は行いません)また,実習水準を確保するため,大学は実習施設との連携のもと,実習計画の作成や実習時の巡回指導などを行うため,安心して実習に臨むことができます。

sisetu01 - コピー.jpg
福山市立大学附属こども園

実習実習先
保育実習I(保育所)
保育実習II
福山市立大学附属こども園
福山市内の公立保育所
保育実習I(施設)
保育実習III
福山市内の協力施設
幼稚園教育実習 福山市立大学附属こども園
福山市内の公立幼稚園
小学校教育実習 福山市内の公立小学校
特別支援学校教育実習 広島県内の特別支援学校
介護等の体験 広島県内の特別支援学校
及び社会福祉施設

実習に集中できる学期構成

前期・後期の2学期制の場合,実習は授業期間中,または授業期間と重なる時期に実施することになるため,実習を履修する学生は他の授業に出席できなくなる,という『二重履修』問題が生じてしまいます。
福山市立大学は,1年間を4学期に分け,1学期の授業期間を8週間とする『4学期制』を採用しており,実習のある学期は他の授業科目は履修しない,という授業時間割が編成されているため,二重履修問題が発生せず,実習に集中することができます。

構成

教育コース

科目名年次学期単位
小学校教育実習事前事後指導 3 3 1
小学校教育実習 3 3 4
幼稚園教育実習事前事後指導B 4 3 1
幼稚園教育実習IIB 4 3 2
特別支援学校教育実習
(事前事後指導を含む)
4 3 3
介護等の体験 4 1-4 -

※幼稚園教育実習と特別支援学校教育実習は,どちらか選択とします。

※介護等の体験は,社会福祉施設5日間,特別支援学校2日間の日程で実施します。

保育コース

科目名年次学期単位
幼稚園教育実習事前事後指導A 2 2 1
3 2
幼稚園教育実習I 2 2 1
幼稚園教育実習IIA 3 2 3
保育実習I(保育所)事前事後指導 1 2-4 1
2 1-2
保育実習I(施設)事前事後指導 2 2 1
3 3
保育実習II事前事後指導 2 2 1
保育実習III事前事後指導 3 3 1
保育実習I(保育所) 2 2 2
保育実習I(施設) 3 3 2
保育実習II 2 2 2
保育実習III 3 3 2

※保育実習IIと保育実習IIIは,どちらか選択必修とします。

実習の内容

各実習は,校・園・所・施設における体験学習だけではなく,実習前・実習後の指導を必ず伴います。
実習前の指導では,実習の意義,実習の目標,実習の方法,実習の準備,実習の心得,実習の課題等について学びます。また,実習後の指導では,実習体験を振り返り,実習中に出会った問題・課題についての発表・討議を通して実践への理解を深め,実習体験の省察を通して教育者・保育者に求められる実践的知識を明確にしていきます。

「小学校教育実習」 (4単位:教育コース)

校長,教頭,実習指導担当教員から校務分掌等について指導を受けるとともに,授業及びホームルームの運営,児童の集団指導や個別指導についての観察や補助,教科及び特別活動の指導などを体験します。また,「実習ノート」を記録するとともに,指導案等を作成し,授業研究に取り組みます。

「幼稚園教育実習I」 (1単位:保育コース)

観察実習を通して,子どもの姿・環境構成・教師の援助のあり方について具体的に学ぶとともに,幼稚園の学級経営や教師の仕事について理解を深めます。

「幼稚園教育実習IIA」 (3単位:保育コース)
「幼稚園教育実習IIB」 (2単位:教育コース)

観察実習・参加実習(幼稚園教諭の助手として,幼児と生活を共にする)・部分実習・全日実習を通して,幼稚園における指導の具体的な方法や内容の理解を深めます。そして,学んだ理論が幼稚園という実践の場でいかに具体化されているか,あるいは実際の子どもの姿や保育の展開がいかに理論の中に反映されているかを学びます。さらに,実際に幼児の活動を展開させていく実習を重ねることで,実践的な知識や技術を習得します。

「特別支援学校教育実習」 (3単位:教育コース)

校長,教頭,実習指導担当教員から校務分掌等実習についての説明を受けるとともに,授業及びホームルームの運営,児童・生徒の集団指導や個別指導についての観察及び補助,教科及び特別活動を中心とした指導を体験します。また,「実習ノート」を活用するとともに,指導案等を作成し授業研究に取り組みます。

「保育実習I (保育所)」 (2単位:保育コース)
「保育実習II」 (2単位:保育コース)

所長,実習担当保育士から子どもの安全確保や,職務分掌等実習についての説明を受けるとともに,所内での日常の保育活動や地域子育て支援等を観察,体験します。また,「実習日誌」を活用するとともに,指導案等を作成し,保育士の指導のもとに子どもの保育を担当し,総合的に保育実践を学びます。

「保育実習I(施設)」 (2単位:保育コース)
「保育実習III」 (2単位:保育コース)

各施設の機能に沿った社会的養護の実際を理解します。そして,日常の生活指導,集団指導,職員との協力,補佐,治療教育的取組,自立支援の実際などを体験し,総合的な社会的養護の実践内容や課題を理解します。