入学案内

アドミッションポリシー(学部)

入学者の受入方針(アドミッションポリシー)

 福山市立大学は,幅広い視野と豊かな人間性を備え持続可能な地域社会の実現をめざして自ら課題を発見し創造的に解決することができる実践力のある人材を育成することを教育目標としている。

教育学部

 教育学部では,幅広い教養と豊かな人間性を備え,地域の未来を担う子どもの乳児期から児童期までの発達・成長を総合的に捉え,一人ひとりの子どもを尊重した指導・支援ができる実践的指導力を備えた教育者・保育者を育成することを目標としている。このため教育学部では,次の方針のもとに入学者を受け入れていく。

【求める学生像】
  • 教育者や保育者をめざす強い意志と熱意を持ち,そのために必要な基礎的な学力を備え,自らの人間性や力量を高めていく意欲のある人
  • 子どもたちの成長や発達に関わることに使命感を持ち,子どもたちの未来のために働くことにやりがいや生きがいを感じることの出来る人
  • 子育てに関わる地域の多様な人々とのコミュニケーションを図り,地域の人々と連携し協力しながら教育・保育現場の課題に熱意を持って取り組んでいくことの出来る人


【入学者選抜の基本方針】

  • 入学者の選抜は,推薦入試,一般入試(前期日程),一般入試(後期日程),社会人入試,私費外国人留学生選抜の5区分で実施する。
  • 推薦入試では,調査書による高等学校での学習状況や活動状況等の評価とともに,基礎学力検査による基礎的な学力の評価に重点をおいて入学者を選抜する。
  • 一般入試(前期日程)では 大学入試センター試験による幅広い教科学力の評価とともに,現代社会の課題を題材とする総合問題による理解力・思考力・表現力等の評価に重点をおいて入学者を選抜する。
  • 一般入試(後期日程)では 大学入試センター試験による得意な教科の学力評価とともに,現代社会の課題を題材とする総合問題による理解力・思考力・表現力等の評価により一層重点をおいて入学者を選抜する。
  • 社会人入試では,小論文及び面接の結果に重点をおいて入学者を選抜する。
  • 私費外国人留学生選抜では,日本留学試験による学力の評価とともに,小論文及び面接の結果に重点をおいて入学者を選抜する。

【入学者に期待する学力等】

  • 高等学校で履修する各教科について基礎的な学力を十分に身に付けていること。
  • 現代社会の課題について幅広い関心を持ち,関連する一般的な知識や理解力を身に付けていること。
  • 自らの向上をめざして主体的に学習や実践に取組む態度や姿勢を身に付けていること。

 

都市経営学部

 都市経営学部では,都市の計画・デザイン,都市の経済・経営,都市における共生・開発についての総合的な知識や素養を備え,幅広い視野と柔軟な思考力,国際感覚や豊かなコミュニケーション能力を持って,持続可能な社会の構築に向けた企業の活性化や地域社会の再生等の課題に創造的に寄与できる人材を育成することを目的としている。このため都市経営学部では,次の方針のもとに入学者を受け入れていく。

【求める学生像】
  • 社会の変化や世界の動きに関心があり,地域社会の課題やあり方に幅広い関心と興味を持って,専門的・実践的な力量を高めていく意欲のある人
  • 地域社会や人々の暮らしに関わることに使命感を持ち,地域社会の向上や活性化のために働くことにやりがいや生きがいを感じることの出来る人
  • 地域づくりやまちづくりに関わる人々とのコミュニケーションを図り,地域の人々と連携しながら地域の課題に熱意をもって取り組んでいくことの出来る人


【入学者選抜の基本方針】

  • 入学者の選抜は,推薦入試,一般入試(前期日程),一般入試(後期日程),社会人入試,私費外国人留学生選抜の5区分で実施する。
  • 推薦入試では,調査書による高等学校での学習状況や活動状況等の評価とともに,基礎学力検査による基礎的な学力の評価に重点をおいて入学者を選抜する。
  • 一般入試(前期日程)では 大学入試センター試験による幅広い教科学力の評価とともに,現代社会の課題を題材とする総合問題による理解力・思考力・表現力等の評価に重点をおいて入学者を選抜する。
  • 一般入試(後期日程)では 大学入試センター試験による得意な教科の学力評価とともに,現代社会の課題を題材とする総合問題による理解力・思考力・表現力等の評価により一層重点をおいて入学者を選抜する。
  • 社会人入試では,小論文及び面接の結果に重点をおいて入学者を選抜する。
  • 私費外国人留学生選抜では,日本留学試験による学力の評価とともに,小論文及び面接の結果に重点をおいて入学者を選抜する。

【入学者に期待する学力等】

  • 高等学校で履修する各教科について基礎的な学力を十分に身に付けていること。
  • 現代社会の課題について幅広い関心を持ち,関連する一般的な知識や理解力を身に付けていること。
  • 自らの向上をめざして主体的に学習や実践に取組む態度や姿勢を身に付けていること。

2016年(平成28年)10月25日改訂