2011年度入試結果

試験日の諸注意について/一般入試(後期日程)

入試関連情報

2011年2月28日更新

  • 試験時間中,通信機器等は必ず電源を切り,身につけずにカバンなどにしまってください。
    これら通信機器等を使用して外部と連絡を取ったり,指示に従っていないことが判明した場合などは,不正行為とみなし,当該受験を失格とします。
  • 試験当日は,「本学の受験票」と「大学入試センター試験の受験票」の両方を必ず持参してください。
    紛失または忘れた場合には,早めに係員に申し出て,仮受験票の交付を受けてください。
  • 試験日当日である3月12日(土)にJR西日本のダイヤ改正が予定されています。
    事前に改正ダイヤをご確認ください。
     【参考】
       ダイヤ改正のご案内(外部リンク:JRおでかけネット)
  • 必ず公共交通機関を利用して,来場してください。
  • 試験当日の試験場への入場時間は8:30を予定しています。
  • 試験場区域内へは,原則として保護者や付添人の立入はできません。
  • 学生募集要項に記載の受験上の注意事項を十分理解して試験に臨んでください。
  • 筆記用具は,和歌や格言等の印刷されたものは使用できません。
  • やむを得ず試験時間に間に合わない場合の遅刻限度時刻は,会場入り口ではなく,試験室到着時です。
  • 試験時間中に監督者が写真票と受験者の顔の確認を行います。
    マスク等を着用している場合,不正防止のため一時的に外すよう監督者が指示する場合があります。
  • 試験時間中に日常的な生活騒音等(監督者の巡回による足音・監督業務上必要な打合せなど,航空機・自動車・風雨・空調の音など,周囲の受験者の咳・くしゃみ・鼻をすする音など,携帯電話や時計等の鳴動,照明の点滅,周囲の建物のチャイムの音など)が発生した場合でも救済措置はありません。
  • 次のことをすると不正行為となります。不正行為が判明した場合,当該受験は失格とします。  
  1. カンニングをすること
  2. 使用を禁じられた用具を利用して問題を解くこと
  3. 「解答はじめ」の指示の前に問題冊子を開いたり解答を始めること
  4. 受験票や写真票に本人以外の写真をはること
  5. 試験時間中に答えを教えるなど他の受験者を利するような行為をすること
  6. 試験時間中に携帯電話等を使用して連絡を取ること
  7. 試験時間中に携帯電話や時計等の音(着信・アラーム・振動音など)を長時間鳴らすなど,試験の進行に多大な影響を与えること
  8. 「解答やめ」の指示に従わず,鉛筆や消しゴムを持っていたり解答を続けること
  9. 自身を利するような虚偽の申し出をすること
  10. 試験場において他の受験者の迷惑となる行為をすること
  11. 試験場において監督者の指示に従わないこと
  12. その他,試験の公平性を損なう行為をすること