本文へ移動
フクイチ生VOICE

FUKUICHI Student Voice

フクイチ生VOICE

平林 純里さんの写真1

可能性や興味が広がり、
将来の選択肢が広がった

都市経営学部 都市経営学科 2017年度入学
平林 純里さん
(岐阜県立加茂高等学校出身)

いろいろな分野に関心を持っていたので、経理・経営のこと、まちづくりについても学べる都市経営学部に入学。経営の領域では、マーケティングなどの学問的な知識を学ぶ中で、商品開発について興味を持ちました。例えば、自分が考え携わったものが商品化され世の中に出て、それを母や姉が利用すると考えると、とても夢が広がります。今は工学系の計画・デザイン領域について学んでいます。都市交通政策や都市景観論、建物の法律を学ぶことで、福山の街をよりよくするためのさまざまな課題に向き合っています。広い領域を学べるからこそ幅広く興味を持ち、将来の選択肢を広げられると思います。

平林 純里さんの写真2

悩むくらいなら、
何でも挑戦してみよう!

今は学友会の会長として活動しています。活動のひとつで、福山市と連携した福山城築城400年の祭りの運営にも参加。祭りというイベントを普通では見られないところから体験でき、自分の視野や知識、興味関心を広げることもできました。入学式のスピーチでも伝えたのですが、何もしないとただただ時間はあっという間に過ぎていきます。だから、何でも積極的に挑戦してみてほしい!有意義な4年間を過ごすためにも挑戦することが大切だと思います。自分から一歩を踏み出してください。一つひとつの経験が成長につながります。

打ち込めるものを
見つけてください

私は資格に挑戦することに打ち込みました。はじめはカラーコーディネーターの資格を取得。建築を学んだ時、内装にも興味をもって、自分でコーディネートすることが楽しそうだと思ったことがきっかけで、インテリアコーディネーター資格取得にも挑戦しようと考えています。学びを通して興味がどんどん広がっています。他には、ファイナンシャルプランナーの資格。商社へインターンシップに行った際に、会計の仕事などで役立つかなと思いました。自分の関心を狭めずに、広く力をつけていこうと思います。

平林 純里さんの写真3

COLUMN

平林さんのある一日

グラフ1

空き時間には、資格取得に向けた学習のためによく図書館を利用しています。図書館の椅子は、ともて勉強しやすいんですよ。学習の合間に、窓から見える景色を眺めて一息つくようにしています。

キャンパスライフ充実度チェック

グラフ2

毎週木曜日には学友会執行部の定例会があります。春は新入生に向けて、その後は総会、次の会長を決める選挙などイベントも多いので忙しいですね。年ごとのカラーもあって、私の場合は「力を入れ過ぎず、気楽に、思いつめないように、楽しむこと」を重視しています。

このページのトップへ