都市経営学部

教員紹介/上別府 隆男

上別府 隆男 (かみべっぷ たかお)

上別府 隆男
  • 【職位】
    都市経営学部 都市経営学科 教授
  • 【学位】
    Ph.D. in Education Policy, Planning and Administration(米国)
  • 【専門】
    国際協力論
  • (研究テーマ)
    教育分野における国際開発・協力。改革が急ピッチで進むミャンマーにおける高等教育改革・開発の在り方と国際ドナー支援の役割。
  • 地域貢献活動情報
    地域貢献活動情報はこちらから

Message

現在世界では、先進国や途上国といった枠と関係なく、地域紛争やテロが各地で増加しており、混沌した様相を見せてきています。従来の発想では解決できない問題ばかりですが、国際協力が果たすことができる役割について学生の皆さんと共に考えて行きたいと思います。今後の将来を担う学生の想像力と創造性に大きく期待しています!

担当授業科目

国際協力論

日本が行っている発展途上国の開発への協力について学ぶ。政府開発援助(ODA)には資金協力,技術協力など様々な形態があり,JICA,NGO,国際機関など様々な組織が関わっている。授業ではこの全体像の理解を目標とする。

国際関係史

戦争の世紀ともいわれる20世紀は,帝国主義,2回の大戦,東西冷戦,地域紛争などを経験してきたが,この授業では,その歴史のダイナミックスを理解することを目標とする。21世紀に入り,テロなど様相を変えた紛争が頻発しているが,歴史を振り返り,現在の状況が生まれた過程について考えていきたい。

国際開発論特講

「人間や地域社会にとって開発とは何か」という問題意識を原点にしつつ,国際開発アプローチ,国際開発手法,国際開発分野の成果と課題について、これまでの研究動向を踏まえ、理論的に探究する。

国際援助政策

日本以外の二国間機関や多国間機関(国連・国際機関)が行っている発展途上国の開発政策について学ぶ。いわゆる「ドナー」(最近では「開発パートナー」と呼ばれる)は主に先進国と国際機関が中心であったが,近年では,中国,韓国,南アフリカ,タイなどの新興国が新たなドナーとして登場してきている。この授業では,老舗のドナーと新興のドナー,二国間と多国間,ローンとグラントという異なる枠組みやアプローチを比較しながら,世界の援助政策の潮流を学ぶ。

略歴

昭和59年3月   熊本大学法学部卒業
昭和63年4月 文部省 学術国際局国際企画課 事務官(OECD・ユネスコ担当) 
平成元年8月 ユネスコ・アジア太平洋中央事務所(バンコク) アジア・太平洋地域教育開発計画(APEID )アソシエイト・エキスパート
平成4年4月 文部省 学術国際局国際企画課 事務官(ユネスコ担当)
平成8年5月 School for International Training 国際・異文化マネジメント修士課程修了(M.A.)
平成13年5月 メリーランド大学カレッジパーク校 教育大学院 教育政策・リーダーシップ学科博士課程修了(Ph.D.)
平成14年4月 東京女学館大学 国際教養学部 教授 
平成27年4月 福山市立大学 都市経営学部 教授 

主な著書・論文等


以下にアクセスしてください。
researchmap