キャンパスレポート

ここでは,福山市立大学内の四季折々のイベントやキャンパス内の様子などを,随時ご紹介していきます。

キャンパスレポート

教育研究交流センター公開講座「子どもとその家族の生きづらさを理解しあえる社会の実現を目指して」を開催

公開講座の写真

 8月10日(土),神奈川県立こども医療センター新生児科部長の豊島勝昭さんをお招きし,公開講座を開催しました。
 神奈川県立こども医療センターは,テレビドラマ「コウノドリ」の医学監修をした病院で,豊島先生は新生児集中治療室(NICU)で行われる緊急医療についてドラマのシーンを交えながら話されました。
 先生から「障がいとは何か説明できますか?」と参加者に投げかけられました。NICUに運ばれてくる子どもは,早産の赤ちゃん,生まれつき病気を持った赤ちゃんやお産で調子の悪くなった赤ちゃんです。救命できても運動機能,脳などに何らかの影響が残る可能性があり,障がいや病気とともに生活することなど,家族に包み隠さず説明をされるそうです。病気を診ているのか,患者・家族を診ているのか,良かったのか悪かったのか・・・常に自問自答の繰り返しで,先生自身が教わることが多々あるそうです。
 NICUを出た(=卒業)ということは,家族で生活するスタートであり,卒業の日の喜びや想いを忘れず,色々な不安があっても前を向いて生きてほしいとエールを送っています。
 日本は世界一の医療的ケアの国として,世界で最も低い新生児死亡率や低出生体重児の高い生存率を維持しており,特に22週23週児の救命は非常に高い実績があります。しかし,救命後の予後への取り組みについては,これからの課題として考えなければなりません。また,近年は低出生体重児の増加傾向で,NICUのベッドは不足し,入院困難な状況にあります。
 豊島先生は,「私たち一人ひとりが誰かの障がいになっていませんか,ご家庭を病院にさせてはならない」と,家族ごと支えることができる医療の必要性を力説されました。

8月3日(土)「保護者向け就職説明会」を開催しました。

就職説明会の写真 就職説明会の写真

 8月3日(土)に本学大講義室で,「保護者向け説明会」を開催しました。
 説明会では,卒業生の就職状況,在学生への就職支援スケジュール,卒業生および現4年生による就活体験報告を行い,その後,(株)リクルートキャリアの方による「保護者のための就職活動講座」(講演)を行いました。講演では,就活生を取り巻く環境や活動の進め方の変化をはじめ,スケジュール管理を徹底することの重要性,また,保護者ができる就活生への支援などのお話がありました。
 ご参加いただいた保護者の皆さんは.各々の説明者の話を熱心に聞かれていました。

7月20日(土),21日(日) オープンキャンパスを開催しました!

オープンキャンパスの写真 オープンキャンパス学生相談GIS演習 模擬授業1 教員相談 模擬授業2 7月20日(土)・21日(日)の2日間,本学港町キャンパスでオープンキャンパスを開催しました!

 両日ともあいにくの雨模様でしたが,県内外から多くのみなさまにお越しいただき,本当にありがとうございました。

 午前は都市経営学部,午後は教育学部のプログラムを中心として開催した今回のオープンキャンパスでは,全体説明会での学部紹介や入試説明,学生によるプレゼンテーションに始まり,保護者説明会では就職支援の取り組みなどが紹介されました。続けて,本学教員による模擬授業,個別相談会,附属図書館でのミニイベントなど,様々なプログラムが行われました。加えて,学生ワーキンググループのメンバーを中心に練られた企画として,在学生による相談会やキャンパスツアー,学生生活などをまとめた"学生冊子"の配布,サークル発表などが行われました。

 本学のオープンキャンパスは,毎年,教職員だけでなく在学生も企画段階から参加しています。それぞれが「本学らしさ」「本学の魅力」を伝えるためにはどうしたら良いかを考えながら準備を進めてきました。

 お越しいただいたみなさまにとって,今回のオープンキャンパスが本学に対する興味・関心を深めるきっかけとなれば幸いです。

教育研究交流センター公開講座「暮らしを支える物流~都市物流計画の変遷と将来~」を開催

講座写真

 7月6日(土),本年度の公開講座第2弾として,流通経済大学教授の苦瀬 博仁さんをお招きし,市民の皆さんに加え本学の学生たちも多数聴講しました。

冒頭,苦瀬先生から「物流の概念が変わる話をします。」とおっしゃられ,そのポイントとして「物流は輸送のことだけではない。」と何度も強調されました。

物流とは,物の流れであり,輸送だけでなく,その物がどのように流れていくかであり,商品であれば,生産から加工,販売,消費までの過程全てが物流である。物は話したり,自ら動いたりしないため,物流には非常に手間がかかる。

例えば,手軽にコンビニで物を買えたり,インターネットショッピングでボタンをクリックすると荷物が届いたりするが,その全てに物流があり手間がかかっている。だが,近年では物流が増加しているにも関わらず,労働力不足が問題となっている。

今回のテーマは「都市物流計画の変遷と将来」。物流の歴史から将来までを説明し,特に今後については,物流の増加に対する懸念や対策,さらには災害との兼ね合いについて講義していただきました。最後に,"物流の多様化に対応するには,様々な立場の人が役割分担して協力することが重要である。"と締めくくられました。

7月8日(月) ひろしまNPOセンター 増田勇希氏にご講演いただきました。

公演の写真 公演の写真

 儲けを株主や社員で分配する会社組織とは異なって、NPOはまちづくり、子育て、環境保護などの目的のために儲けをつかう使うもの。それは、社会をよくするためのシゴトということになりますが、それは実際にはどのようなものか? 「ひろしまNPOセンター」理事兼プロジェクトマネージャー 増田勇希様にご自身の熱意と体験談を踏まえてお話しいただきました。
 JICA の青年海外協力隊に応募してのルーマニア派遣などをへて、「実は日本は、恵まれた環境の社会。何をしても生きていけることを実感した」とのことで、そこで会社組織生活だけではない、社会貢献をする他人とは違うことを目指された原点があったとのことでした。
 その基盤の上で、現在、県内のNPOをも支援するセンターとして設立された、先ほども触れたひろしまNPOセンターで、理事兼プロジェクトマネージャーとして広島の「国際」「防災」の推進に貢献されておられます。また青年海外協力隊の勤務での国際理解教育や開発教育担当者としてもご活躍されておられます。
 講演の質疑応答では熱が入り、「NPOで人とモノをつなぐ、とはどのようなことですか?」「人間関係の上で大切にしていることは何ですか?」「NPOで働いてみたいのですが、生活や収入は?」など、関心の高い学生さんたちから沢山の質問がありました。それに対して、災害の時に、つながっていなかったモノ(水や洋服)を必要としている人と、それを寄付したい人や企業とを、NPOが結んで支援したお話をされ、大きな感銘をいただきました。また、今の日本のNPOは財政的に恵まれているわけではないが、複数の非営利の仕事をしている人や、会社経営とNPOの運営(代表)を同時におこなって身を立てながら社会貢献されている方が多いという、その業界ならではの、企業の世界にはない新鮮なお話をいただき、学生さんたちは大変に元気になりました。後での感想用紙では「NPOで働いている方の働き方や実情に触れられてとても良かった」という声とともに、特に「お話を聞いて、自分も活動したくなった」「何事も挑戦してみようと思った」と大きな刺激を頂いたことがうかがえました。ひろしまNPOセンター様、増田様、ありがとうございました。