福山市立大学
本文へ移動

学部・大学院

Undergraduate and Graduate school

教員紹介

加藤 誠章

広島県は全国でも特に土砂災害の危険性の高い地域です。

地域の特徴について学び、防災意識を高めていきましょう。

名前 加藤 誠章(かとう のぶあき) 担当授業
  • 地域・都市防災学特講
  • フィールド情報学
  • 地域と都市の防災
職位 准教授
学位 博士(農学)
専門分野
  • 都市防災

担当授業

地域・都市防災学特講

 豪雨災害等の自然災害を中心として、災害形態別に具体的な事例を紹介しながら、その発生メカニズム、防災対策における計画・設計の考え方について論じる。また、防災・減災に対する最新の技術・研究について学び、防災・減災を進めていくための課題について議論を深める。

フィールド情報学

 我々を取り巻く自然環境及び社会環境は、非常に複雑であり、多様なものが共存並立している。このような環境を調査する分析し、適切な対策を行うためには、多角的視点から調査手法を適用することが求められる。本授業では、都市災害の内、自然災害を例として、様々な視点から課題を抽出し、その解決策について模索する。

地域と都市の防災

 地域・都市は、多様な自然災害、事故災害が発生するリスクを抱えている。特に、日本は自然災害のリスクが非常に高く、豪雨、地震、津波、火山による災害が多く発生する。本授業では、これらの自然災害及び事故災害について、誘因、発生メカニズム及びその対策について、具体的な事例を写真等で紹介しながら講義を行う。また、災害に対する法整備状況、行政の取り組み、避難行動について説明した上で、自然環境・社会環境が変容していく社会において防災・減災を進めていくための課題について学ぶ。


※以下の項目は「研究者情報管理システム」よりご覧いただけます。

  • プロフィール
  • 研究テーマ
  • 共同・受託研究希望テーマ
  • 競争的資金等の研究課題
  • 著書
  • 論文
  • 研究発表
  • 受賞
  • 社会貢献活動
  • 所属学協会
  • 委員歴 など

教員紹介

このページのトップへ